何を基準に通信・通学を選べば良いのか?

通信・通学を受講する方は必ずこのページを読んで下さい。
これから話すポイントを理解していなければ、合格の可能性は低くなり、
高いお金も無駄にしてしまいます。

何度もいいましたが、通信・通学は学校選びが全てです。

では具体的に説明していきます。

通信講座の選び方
■DVDやパソコンで講義が視聴できる。
ポイントは講師の顔を見ながら講義が視聴できることです。
CDなどの音声だけでも良いのですが、それだと学習効果が落ちてしまいます。

■ハイビジョン撮影している
画面でみる講義の欠点は臨場感に欠けることです。
その結果、長時間視聴する事が苦痛になり最終的には眠くなってきます。
それを解消する方法がハイビジョン撮影することです。

ハイビジョン撮影していれば、講師と目線が合い、映像に迫力がでるので、
その場に講師がいるような感覚で勉強できます。
このポイントが最も重要だと言って良いと思います。
しかし、現実は教室の講義をそのまま撮影しているだけのものがほとんどです。

■テキストは図表化されフルカラーになっている
テキストに関しては、内容だけを重要視する人がいますが、
見せ方も重要になります。
どんなに内容が良くても、文字だけや白黒のテキストだと、
理解するのが大変で、勉強するモチベーションも上がりません。

しかし、図表化され、フルカラーになっていれば、難しい表現も理解しやすくなり、
脳に刺激が加わり記憶にも残りやすくなります。

■質問に対応してくれる
どんなに教材の質が良くても、1つや2つの疑問点が出てきます。
そんな時に質問できるサービスがなければ、元も子もありません。
ただ、ほとんどの通信講座は、質問に対応してくれると思います。

通学講座の選び方
■無料体験講座を用意してくれる
通学講座の欠点は、受講料が高いことと、外からでは講座の質がわからない事です。
前者はどうする事もできませんが、後者は対応する事ができます。
それが、無料体験講座を受講して、自分との相性を確かめることです。
残念ながら、それしかどのような講座なのか判断する事は出来ません。

多少面倒かもしれませんが、ここをしっかりと行なわなければ、
高い受講料を無駄にする可能性があるので、必ず受講してください。
もちろん、無料体験講座を容易していないところは論外です。

続き⇒簿記合格に必要な勉強


 無料でもらえるサンプル教材はこちら【クリック】