簿記2級に合格するための勉強

簿記2級の勉強で重要なのは、繰り返し問題を解いて解法のパターンを 覚える事です。
数多くの問題を解けば、その事が理解できるようになり、確実に実力をつけていくことが
出来ようになります。
簡単に言えば、テキストや講義で知識を吸収する時間よりも、
問題集を使ってアウトプットする勉強が中心となるのです。

なので、テキストや講義で完璧に知識を吸収しようとしないで下さい。
何となくでも理解できれば、すぐに問題集に取り掛かかって構いません。
簿記の勉強はあくまでも問題を解きながら実力を付けていくのです。

但し、今までまるっきり、簿記の勉強をしたことのない方は、
ある程度知識をインプットする時間を増やした方が良いと思います。

あまりも、簿記の知識がない中で問題を解いてしまうと、
まったくわからないと言う状況が続きます。
そして、わからない事で勉強が苦痛になり、挫折する可能性も考えられます。

そのような場合は、簡単な基礎問題を解きながら勉強して言ってください。
市販されているテキストなら、項目ごとに基礎問題が載っているはずですので、
それを解けば良いでしょう!

そこで、何となくでも解法が理解できるようになれば、 別紙の問題集を解いてください。

また、これも初学者に言えることですが、商業簿記の場合は、
まずは3級の参考書からはじめましょう!

基本的に2級の商業簿記は3級の延長線上の問題で、
3級の商業簿記が理解できれば、2級の問題もかなり理解できると思います。

以上が簿記の勉強で重要なポイントです。

シンプルすぎると思った方もいると思いますが、
簿記はここで説明した勉強だけで十分に合格できてしまいます。
後は、どれだけ量をこなしたかだけです。

最後にもう一度まとめると、
●問題集中心の勉強をする
●初学者の方は知識を覚える勉強時間を気持ち増やし、基礎問題を解きながら勉強する
●初学者は、3級の商業簿記からはじめる
を注意して勉強すれば問題ありません。

続き⇒簿記2級の通信講座勉強法


 無料でもらえるサンプル教材はこちら【クリック】